車検・点検のご案内
店舗紹介
ヤマハのホームページへ
プレストコーポレーションのサイトへ

カスタムバイクの紹介です
ブログへ




Map Fan Webで
地図を表示します

   ↓
地図リンク

二輪車ETCに関する
詳細はこちらをご覧下さい
   ↓↓↓

 

今や自動車ではナビとETC車載器は当たり前の時代です。
バイクでも車両購入時にナビとETCを取り付ける方が増えてきました。
ETCをつけると高速料金の時間帯割引や休日割引を受けることができ、料金所を通過するときにも
グローブを外して財布から現金を出したり、慌ててチケットやお金を落としてしまう煩わしさもなくなります。

当店はETCオンラインセットアップ店ですので、ETCを取り付けてその場でセットアップ手続き(※)ができます。
事前にご相談くだされば、1日で取り付けからセットアップまで完了します。

(※)ETC車載器にバイクのデータをインプットする作業のことです。これをしなければETCを使用することはできません。

ETC取り付けに必要な費用は、
ETC車載器・セットアップ手数料(2,700円)・取付ステー代・取付工賃です

二輪車用ETC車載器の種類
 日本無線製 アンテナ分離型(JRM-11)
   メーカー希望小売価格 21,492円(税込)

 車載器本体をシート下などの収納スペースに収納して
 アンテナとインジケーターのみを別売りのステーでハン
 ドル周りなどに取り付けます
 ハンドル周りをすっきりさせたい方にぴったりです
 日本無線製 アンテナ一体型(JRM-12)
   メーカー希望小売価格 20,520円(税込)

 アンテナ・インジケータを車載器本体に収めることで配線が
 電源ケーブルのみになりました
 車載器本体がハンドル周りやカウル周辺に設置され、ETC
 カードの盗難予防のために手元でのカード抜き差しが容易に
 できます
 ミツバサンコーワ製 アンテナ分離型(MSC-BE31)
   メーカー希望小売価格 29,623円(税込)

 LEDインジケーターとアンテナを一体化することにより、
 部品数・配線数とも削減
 超薄型ボディを採用、ETCカードをスライド挿入できます
 ミツバサンコーワ製 アンテナ一体型(MSC-BE21)
   メーカー希望小売価格 20,520円(税込)

 『スライド挿入方式』を採用したことによりグローブをしたまま
 でも、簡単にカードの抜き差しが可能となっています
 カード挿入部分に赤く光るLEDライトを設置していますので、
 夜間のカードの挿入に手間を取ることはありません


取付工賃はバイクのタイプによって変わります
ETC車載器取付工賃
アンテナ分離型 アンテナ一体型
アメリカン 12,960円(10,692円) 12,000円(9,720円)
ネイキッド 12,960円(10,692円) 12,000円(9,720円)
スポーツ 12,960円(10,692円) 12,000円(9,720円)
オフロード 12,960円(10,692円) 12,000円(9,720円)
スクーター 15,740円(12,960円) 14,800円(13,885円)


取付ステーは車種によって変わりますし、同じ車種でも取付け方の好みにより変わります

詳しくはETCを取付けるバイクに乗ってご来店いただき、ご相談ください